日々のあれこれ⭐︎I see

自分自身との調和

先月8月に第1版が発行されたばかりの、

ガチのスピ本

です。

シリウスAアドロニスをチャネリングするカナダ在住のブラッド・ジョンソンさんと日本在住の多次元コンタクター・シャランさんの対談集なのですが、この時点で???って感じかと思います。

個人的にはワクワクの内容で、一気に読みました。

因みに1日で読めるボリュームでしたが、読み始めた1日目、途中で急激な睡魔に襲われたかと思ったら期せずして寝落ちして、リアルな夢の中で大勢の女性をサロンに案内してカラーセラピーセッションをしようと思ったら、二人の無法者に邪魔されて一人動揺して落胆していたら、正義感の強い姉が然るべき機関の人を呼んであっと言う間に問題解決するっていう、とてもタイムリーな内容でした^^;

現実もそうあってほしい、今日この頃です。。

内容は

ヒューマノイド・コンシャスネス

から、私たち地球人に向けてのスピリチュアリティをアクティベートするための珠玉のメッセージ、といったところなのですが、滅多に夢を見ない、と言うか全く覚えていない。。
ましてや以前の仕事でも集中力が切れて寝落ちするなんて経験が一度も無くて、理解すら出来なかった私が、気絶するような睡魔に襲われて見た夢のリアリティ。。
そちらの方がちょっと、衝撃的でした。

 

最近、毎日のように姉と電話をしています。

一本気で真面目で、人一倍正義感が強くて、慈愛に溢れた人です。

子供の頃よく、自転車の後ろに乗って色んな所へ連れて行って貰いました。

ただ前だけを見て、懸命に自転車を漕ぎ続ける姉の背中につかまっていると、どこまでも遠くへ行けるような気がしました。

年金暮らしをするような年代になったら、姉と二人でどこか、国内でも海外でも、お揃いのカワイイ♡Tシャツを着て一緒に旅行をする妄想を一人でしています。

シリウスA・第6密度の使者・アドロニスから私たち地球人へのメッセージの中で、感情の鎖を解くエクササイズで最も大切な意識として、『愛』『慈悲』『ゆるし』を自分の心に招き入れるという3要素が提案されています。

そしてこの意識は、利他的な一方通行な意識ではなく、まずは自分を愛して、慈しんで、許すことから始めるというものです。

生きているだけで、私たちは尊い

アドロニス曰く、人類には3つのトラウマがあるのだそうです。

①見捨てられた。
②拒絶された。
③虐待された。

もし、人生の中でこんな経験をして心に傷を抱えていたとしても、私たちは
『生きているだけで尊い』
そう思います。

共に同じ環境の中で時間を共有した存在が居るというだけで、例えようのない安心感に包まれます。
姉も兄も、居てくれるというだけで感謝です。

因みに、アドロニスをチャネリングしていない時の、素のブラッド・ジョンソンさんはシャイで寡黙な、普通のオジさんなのだそうです^^;

オジさんとは言ってなかったか・・。
まあ、いっか^^;

-日々のあれこれ⭐︎I see
-, , ,

© 2020 女性のためのAriaセラピーハウス